2019年ゴルフ新ルールに変更したよ 知っておきたい変更点

ゴルフ
スポンサーリンク

2019年1月1日よりゴルフ新ルールが有効に
なりました。

初心者にも有利な変更点があるので
しっかりチェックして恩恵を受けましょう。

 

2019年から改正された新ルールは
 ゴルフ普及の目的
 ゴルフルールの分かりやすさ
 プレー時間の短縮
 ゴルフがより魅力的で身近な存在になる

今回のルール改正で初心者にも優しい
ルールが増えたので
是非、新ルールを覚えて活用してください。

 

スポンサーリンク

新ルール改正の目的

R&A(全英ゴルフ協会)とUSGA(全米ゴルフ
協会)によりゴルフのルールが大幅に改正さ
れました。
それに伴い日本のJGA(日本ゴルフ協会)も
それに準じて適用されることとなります。

ルールの改正の狙いは
 ルールの簡素化
 親しみ易いルールにする
 プレーファストの促進

*旧ルールに十分熟知されてる方は
 旧ルールでプレーすると違反の
 危険性があるので、新ルールを
 よく認識する必要が出てきます。

 

 

スポンサーリンク

コース内エリアの名称が変更

新名称

ティーイングエリア

旧名称ティーインググラウンド
新名称

ペナルティエリア

旧名称

(ラテラル)ウォーターハザード

 

*新たに名ずけられたペナルティエリアは
 従来のウォータハザードに加えて、ブッシュ
 崖、雑木林などをさします。

救済措置:ペナルティーエリアにある球を
 プレー
する場合はソールしてもOKになりま
 した。

新名称

ジェネラルエリア
(ティーイングエリア ペナルティーエリア バンカー 
パッティングエリア グリーンエリアを除いたホール全域)

旧名称スルーザグリーン
新名称

バンカー
*変更なし

旧名称バンカー
新名称

パッティンググリーン
*変更なし

旧名称

パッティンググリーン

新名称使用なし旧名称

ハザード

 

 

スポンサーリンク

大きく変わった新ルール

旗竿(ピン)を立てたままパットができる

旧ルールでは、グリーン上にある球を
ストロークした結果、旗竿に当たって
しまうと2罰打。

新ルールでは
プレーヤーが旗竿を立てたままストローク
することを決めてから打ったボールが竿旗
に当たってても無罰。

*但し、旗竿を立てたままにしておくと
 決めて打った場合、ボールが旗竿に当たり
 そうなのでキャディーや同伴者が旗竿を
 抜いてしまった場合は、プレーヤーや
 同伴者に2罰打となってしまいます。

 なお、明らかにボールが旗竿に当たらない
 とわかった場合は抜いても無罰です。

(疑問)

旗竿とカップに挟まったボールは
どうなりますか?

旗竿とカップに挟まったボールが一部でも
グリーン面より下なら、ホールインですよ

 

パッティングラインに触れてもOK(無罰)

旧ルールでは、スパイクマークや動物によって
荒らされた場所を修復することは禁止でした。

 

新ルールでは、自身のパッティングラインに
パターや指などで触れても大丈夫ですし
損傷箇所を自由に直すこともOKです。

 

但し、ライの改善と認められた場合は2罰打
となります。

 

 

グリーン上で偶然ボールが動いても元の位置に戻せばOK

グリーン上で誤ってボールに触れて動いて
しまっても元の位置に戻してプレーが
可能です。(無罰)

 

*パターのアドレス時に偶然クラブがボールに
 当たっても、元の位置に戻せばOK

*マークを蹴って動いてしまった場合もOK

 

 

距離計測機器の使用が可能になりました

旧ルールでは、ローカルルールでは認め
られてました。

新ルールでは、GPS式、レーザー式の
2点間の距離想定機器であれば使用可能
です。

*2点間距離以外の風速、高低差などを
計測する機器は使用不可となります

あくまでも2点間の距離測定機器のみ
使用可能となります。

 

 

ローカルルールでプレーイング4がなくなる

一般的なローカルルールでは、OBになった
場合はルールでは打ち直し、プレイング4が
一般的でした。

2019年改正後は2罰打を加えてOBゾーン
に入った付近からプレー出来るという
ローカルルールが推奨されます。

*プレイング4が無いゴルフ場や2打目以降に
 OBした場合はありがたい改正ではないで
 しょうか。

 

 

2度打ちは無罰でそのままプレーができる

旧ルールでは2度打ちは1罰打が課せられます。

2度打ちとは、一度のスイングで2回以上
クラブにボールが当たることです。

新ルールでは無罰で、ボールが止まった場所
からプレーを続けれます。

*あくまでも偶然に起った場合でのみ適用
 となります。

 

打った球が自分や用具などに当たっても無罰

パッティンググリーン以外で打ったボールが
自分やキャディー、用具、カートなどに当た
った場合は無罰で、ボールが止まった場所から
プレーできます。

(疑問)

パッティンググリーンの場合は?

パッティンググリーンの場合は
人、動物、に当たった場合は
無罰で元の位置に戻してリプ
レースして打ち直しします。

 

 

ストロークの準備ができた人から打って良い

旧ルールは、グリーンから一番遠い人が順番に
打つルールです。

新ルールは準備ができた人から順番に打って
行くことができます。

*プレー時間の短縮になりますね。

 

自分の打順がきたら40秒以内に打たないと1罰打

ラウンド中は出来るだけ速やかなペースで
プレーをする観点から、ボールの所に行き
プレー出来るようになってから40秒以内に
打たなければいけません。

*尚、パー3のティーショット、グリーン
 へのアプローチ、パッティングプレーの場合
 は10秒追加が認められてます。

 

バンカーは2罰打で脱出可能に

出にくいアゴが高いバンカーなどは2罰打で
バンカーから出して打つことが出来ます。

*アンプレアブルを宣言しボールとホールを
 結ぶ線上で、バンカーの後方に基点を決め
 て、そこから1クラブレングス以内に
 ドロップします(2罰打)。

 

2打目にバンカーに入った場合は
次は何打目でプレー?

2打目にバンカーに入った場合は
2打目+2罰打=4打目でバンカー
から脱出したことになるので
次は5打目でプレーになります。

 

 

バンカー内のルースインペディメントの取り除きが可能

新ルールでは、ボールがバンカー内にある場合
そのバンカー内のルースインペディメント(木
葉っぱ、枝、石などの自然物)に触れてもOK
打ちにくい場合は取り除いてもOKです。

 

 

 

ドロップは、肩の高さからヒザの高さに変更

旧ルールでは、ボールのドロップは肩の高さに
ボールを持って、腕を伸ばしたままドロップ
です。

新ルールは、真っすぐ立った時のプレーヤー
膝の高さから真下に落とします。
*落とす時に、回転をかけたり、転がす
 などの行為はや体の一部に当たったり
 携帯品に当たった場合はやり直し。

*間違ったドロップ方法をした場合は
 何度でもやり直しが必要です。
 間違った方法後にそのままプレーした場合は
 救済エリアからは1罰打、救済エリア外から
 は2罰打となります。

*ドロップの際にボールの交換は可能です。

 

ボールを探す時間が5分から3分に短縮

旧ルールでは、深いラフや林などにボールが
入ってしまって、ボールを探す時間が5分間
でした。

新ルールでは、探す時間が3分間に短縮します

*但し、ボールが3分以内に見つかっても
それが自分のボールか確認できない場合は
確認する合理的な時間は認められてます。

 

 

地面に食い込んだボールは無罰で救済可能

旧ルールではフェアウエイのみ救済が
可能でした。

新ルールでは、ジェネラルエリアの地面に
食い込んでるボールは無罰で救済可能です。

地面に食い込んだ場所を基点に、1クラブ
レングス以内のジェネラルエリアにドロップ
してプレー出来ます。

 

 

罰なしの救済でもボールを取り替えることが出来る

救済を受ける場合は、ボールを別のボールに
取り替えることが出来ます。

 

救済時は申告不要

 

旧ルールは、救済時にはマーカーに
告げる必要がありました。

新ルールは、誰に告げる必要もないです。

 

救済エリアで計測(クラブレングス)するクラブ

旧ルールは、ラウンド時にバックに入って
いるクラブはどれでも使用可能です。

新ルールは、バックに入っているクラブで
パターは除く最も長いクラブを使用する

*ほとんどの方はドライバーになるのでは
 と思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

とにかくスムーズに早くプレー出来る様に
なった印象を受けます

初心者の方でも救済処置でゴルフが優しく
なってます

特にバンカー救済は非常に有り難いのでは
と思います。

ストローク準備が出来た人から打つなどは
プレー進行上非常に有り難いですね
待たなくても先に処理出来るので助かります

次回ゴルフに行くときは、旗竿を立てたまま
パターしたいと思います。

だからと言ってスコアUPしませんがね。。。

*グループ予約、一人予約も簡単格安で予約
 できます ↓↓↓↓↓是非活用してみて下さい

日本最大級のオンラインゴルフ場予約サイト 楽天GORA

 

コメント